店舗ではトイレにも手が抜けない! アンティーク調に仕上げるコツ

インテリアがどれほど素敵なお店でも、トイレが殺風景だと評価が低くなってしまいます。店舗にとってトイレは、お店の印象を決める裏の顔です。アンティーク調に仕上げると、トイレが上品で行き届いた印象になります。ここでは、トイレをアンティーク調に仕上げるコツを紹介しましょう。

店舗のトイレをアンティーク調にするメリット

陶器の便座、タイル張りの室内という標準的な店舗のトイレは、掃除がきちんとされていても、冷たく居心地の良くない印象です。だからと言って、家庭のトイレのようにカバーなどをするのは、大勢の人が利用する店舗では衛生面的にあまり良くありません。

しかしトイレ空間をアンティーク調にすると、衛生面をカバーしながら、トイレに温かみをプラスすることができるのです。

店舗のトイレにピッタリなアンティークカラーって?

パウダーブルーやミントグリーンといった清涼感のあるアンティークカラーは、トイレ空間を明るく、清潔に見せる効果があります。

クラシカルスタイルのブラウンは、衛生陶器の白を引き立てて端整な印象に。エレガンススタイルのピンクや白を使うと、優雅な小部屋のようなトイレ空間を演出できます。

店舗のトイレをアンティーク調に仕上げるコツ

アンティーク調にトイレを仕上げるにはポイントがあります。人気の高い仕上げ方をいくつか紹介しましょう。

手洗いボウル
アンティーク調の手洗いボウルや水栓(蛇口)は、さまざまなデザインがそろっています。こういう細かな部分をアンティーク調に変えると、トイレが格段にグレードアップ。隅々まで気配りの行き届いた店舗という印象になります。

ペーパーホルダータオルフック
プラスチックやステンレスのペーパーホルダーやタオルフックを、木製や真鍮、鉄製などのアンティーク調に変えます。素材感のある小物使いが、空間をおしゃれに演出してくれます。

腰板
便座周りのタイルを腰板に変更します。木の塗装色は、ヨーロッパ風建築によく見られるパステルカラーや、クラシカルなブラウンやアンバーなどがおすすめ。床も合わせて、フローリングかテラコッタなどに変えると完璧です。

壁紙
腰板の上部にアンティーク調の壁紙を貼ると、重厚で高級感のある仕上がりになります。アンティーク壁紙として人気の高いウィリアム・モリスは高価ですが、室内と違い壁の面積が小さいトイレなら、費用もそれほど高額にならないはずです。

ウィンドウ
トイレの窓は窓枠をアンティーク調のものに変えたり、ステンドグラスのフレームを重ねたりして変化をつけます。もしトイレに窓が無い場合は、アンティーク調の窓枠を付けてウィンドウ風に仕上げるアイデアも。

ライト小物
アンティーク調の壁付けブラケットの柔らかな光で照らすと、トイレに温かみが生まれます。額や鏡、トイレロールを納めるキャビネットやバスケットなども、アンティーク調でまとめてコーディネートしましょう。

ドアノブルームプレート
アンティーク調のドアノブは、人気の高いインテリアパーツです。インテリアスタイルごとに、美しいデザインのものがそろっています。トイレのドアに貼るルームプレートも、テイストをそろえたアンティーク調にすると統一感が出せます。

店舗を訪れたお客さんが必ず使用するとは限らない場所だからこそ、おしゃれなトイレにしておくことで、配慮が行き届いた印象になります。家具や小物を活かしたアンティーク調のトイレは、清潔感に温かみがプラスされます。お客さんにとって居心地の良いアンティーク調の空間を演出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です