高級感をアンティーク家具で演出しよう

白い壁にフローリングなど、何の変哲もない内装なのに、なぜか高級感が感じられる店舗があります。こういう店舗をよく見ると、アンティークの家具や小物を上手に使って、高級感を演出しているケースが多いです。内装に大きく手を加えなくとも上質な空間をつくれる、アンティーク家具の使い方を知っておきましょう。

店舗の高級感を演出するメリット

百貨店や一流ホテルが内装に凝り、高級感を演出する理由は、自分達の提供する商品やサービスが「上質である」というイメージを訴求するためです。
高級感のある空間は、品質が良い、サービスを受けてみたいという印象をお客様に抱かせることができます。

店舗の高級感を演出できる素材

高級感とは逆のリーズナブルな店舗を演出する例として、ファストフードの店舗を考えてみてください。ビニールのシート、プラスチックタイルの床、合板にカッティングシートの壁など、大量生産で頑丈な素材が多く使われています。

これに対して高級感を演出するのは、繊細さや重厚感、テクスチャー(素材感)のある素材。ファブリックならサテンやベロアなど、光沢のある素材は高級感が漂います。皮革や無垢の木材など、伝統的に使われてきた自然素材も、高級感をかもしだすポイントです。

店舗の高級感を演出する方法

せっかく高級感のある素材使いをしているのに、いまいち高級感が削がれてしまう残念なケースがあります。店舗の高級感を演出するには、以下3つのポイントが欠かせません。

生活感をできるだけ抑える
ポスレジ、壁付けのエアコン、分別ゴミストッカーなど、業務上必要な機器や什器であっても、「生活感が出るもの」はお客様の目につかない場所に移動しましょう。洒落たパーテーションで隠す、「見せるため」のアンティークレジを置くなどの心配りが必要です。

照明をうまく活用する
せっかく高級感を演出しても店舗の基準照明が蛍光灯だったり、事務所風のダウンライトだったりしては台無しです。壁を照らすウォールウォッシャーやフロアスタンドなど、間接照明を上手に活用しましょう。複数の照明を使って空間を照らすと、落ち着いた高級感のあるインテリア空間になります。

家具小物選びにこだわりを
お客様が間近に見て触れる家具や小物は、高級感を演出する最大のポイント。床、壁、天井がシンプルなものでも、置かれているテーブルや椅子に上質なものを選ぶと高級感が生まれます。
質感のあるテーブルやキャビネットを商品の販売台に使うなど、使い方にも工夫が必要。窓枠、鏡などディテールにも妥協せずこだわるのが大事です。

店舗の高級感を引き出してくれる家具とは

丁寧につくられたアンティーク家具は、店舗の高級感を演出するのに最高のアイテムです。もともと上流階級のインテリア向けにデザインされたスタイルなので、気品にあふれたラグジュアリータイプのソファがひとつ置かれているだけで、空間が優雅で上品になります。

チェア、ソファ、テーブル、スツールなど、「お客様が使う(触れる)」ところにアンティーク家具を配するのが、高級感を演出するコツです。

間接照明やアンティーク家具の活用は、店舗の高級感を演出するのに欠かせないテクニックです。アンティーク家具は、値段が高いというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、比較的リーズナブルな価格帯のアンティーク家具もあるので、お気に入りの品を見つけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です