受付カウンターやレジを作る際の高さや小物選びのコツ

お店に入ると一番はじめに目に付く受付カウンターは、単に受付や会計を済ませるだけではなく、お店全体のイメージをも左右する重要なエリアです。カラーデザインや家具、小物の選定はもちろんのこと、ゆとりをもってお客様をお迎えできるような空間づくりに配慮する必要があります。特に、受付カウンターの高さについては、スタッフがスムーズに業務をこなすためにも、さまざまな状況を想定した上で調整することが大切です。ここでは、受付カウンターの種類や最適な高さなどを紹介します。

受付カウンターの種類

店舗に設置する受付カウンターには、天板(机)までの高さによって大きく「ローカウンター」、「ハイカウンター」に分けられます。
ローカウンターは、椅子に座って接客するタイプのカウンターです。比較的長時間に渡るカウンセリングや書類作成といった場面が多い、美容サロンやフォトスタジオ、旅行代理店などで採用されています。

これに対し、立ったまま接客できるタイプをハイカウンターと呼びます。ローカウンターと異なり、収納機能を合わせもったタイプが多く販売されているため、すっきり片付いた受付カウンターを設置したい場合にも最適です。ホテルや美容院などでよく採用されています。

ハイカウンター、ローカウンターのほかにも、L字型のカウンターを組み合わせた「コーナーカウンター」、飾り棚の機能を合わせ持った「バーキャビネット」、おしゃれで重厚な「バーカウンター」などの種類があり、デザインによっても大きく店舗のイメージが変わってきます。

受付カウンターの適切な高さ、作る際のポイント

受付カウンターは、その高さが数cm違っただけでも、お客様に与える印象や接客のしやすさが変わってきます。ローカウンターの高さは、オフィスデスクと同じ約700mmが標準とされていますが、車椅子のお客様にも対応する場合は、やや高いタイプ(740mm程度)を選ぶと出入りがスムーズになります。ハイカウンターは、950~1000mmのものが一般的です。個人情報を多く扱う店舗では、その内側に一段低いカウンターを設置して手元を隠す場合もあります。

高さ以外にも、カウンターの幅や広さ、デザインにも十分配慮するようにしましょう。どんなに使いやすい受付カウンターでも、店舗全体の雰囲気やイメージにマッチしていなければ台無しです。機能性だけではなく、インテリアのコンセプトに沿ったものを選ぶようにしましょう。

受付カウンターやレジ周りに置くおすすめアンティーク小物

受付カウンターやレジの周りに、ホテルのエントランスや高級エステサロンの待合い室で見られるアンティーク小物をひとつ置くだけでも、おしゃれな雰囲気が高まります。

ちょっとした荷物置きにも重宝するスツールやカフェテーブル、待っている間に読む雑誌などを入れるマガジンラック、メニューなどを置くイーゼルなどがおすすめです。

お店の顔とも言える受付カウンターやレジ周りのインテリアは、接客をスムーズに行うだけではなく、お客様に与える印象や店舗全体のイメージに配慮しながら検討しましょう。自分の店舗のイメージに近いホテルやサロンに置かれる、アンティーク調のインテリア家具や小物などを参考にしてみてはいかがでしょうか。

受付カウンターやレジを作る際の高さや小物選びのコツ” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です